米軍再編-米の着陸失敗のオスプレイ、事故で一人死亡、二一人けが。

 米ハワイ州オアフ島のベローズ空軍基地で17日起きた、米軍普天間飛行場に配備されている24機のオスプレイと同機種のオスプレイの事故について、沖縄タイムスは2015年5月19日、「訓練中の米海兵隊の垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗して炎上、乗員1人が死亡し、21人が病院に搬送された。米軍普天間飛行場に配備されている24機のオスプレイと同機種。事故原因は分かっていない。通常訓練中に発生した今回の事故で、同機の安全性が再び問われ、配備に対する反発がさらに高まるのは必至だ。」と、報じた。  また、この事故については、「米主要メディアは『クラッシュ(墜落)』と報じている。」とも伝えた。
  さらに、この事故について、毎日新聞は2015年5月18日、沖縄の地元の不安や怒りの声を次のように伝えた。

「ぞっと鳥肌が立った」
「同じオスプレイが自宅の真上を日常的に飛んでいる。常に『もしかしたら墜落するんじゃないか』という不安があり、事故で改めて恐怖を感じた」
「上空を飛ぶオスプレイを毎日のように見ているが『やはり』という思い。危険性が証明された」
「配備は沖縄だけでなく全国に広がっており、本土の人にも危険性を分かってほしい」。

 あわせて、佐賀空港(佐賀市)、山口県岩国市及び及び東京都立川市の周辺の不安の声を報じた。


「昨年11月の住民説明会で防衛省は『安全性は大丈夫』と説明していたが心配だ」。(佐賀市)
「改めて危険性が示された事故。岩国から、本土各地に張り巡らされたルートで低空飛行の訓練をしている。公園や学校などに落ちたらと思うとぞっとする。首都圏のど真ん中の横田に配備するなど論外だ」(岩国市)
「安全と思えず横田でも事故が起きないかと心配だ」(立川市)

 しかし、相変わらずの安部晋三政権の対応は、変わらない。その様子を沖縄タイムスは2015年5月19日、次のように伝えた。

「菅義偉官房長官は18日の会見で、事故を起こした新型輸送機MV22オスプレイについて、オスプレイの飛行実績に触れ、『安全だと考えている』と述べ、安全性には問題がないとの認識を示した。事故を受け、米側が『迅速で透明性を持って対応する』と伝えてきたことも明らかにした。  政府は同日、米側に事故原因の究明と関連情報の速やかな提供を求めた。  中谷元・防衛相は同日の臨時会見で、翁長雄志知事が原因究明までのオスプレイの飛行停止に言及したことについて、『第一には米側が当事者であり、乗務員などの安全については米側が判断すべきだ』と述べ、政府として飛行停止などは求めない考えを示した。」

 こうした事態になっても、「安全だと考えている」と言い切る傲慢さはもはやどうしようもない。 
この中谷元・防衛相の「第一には米側が当事者であり、乗務員などの安全については米側が判断すべきだ」という発言の無責任さは際立っている。
 日本政府は全く当事者責任を喪失している。まさしく、米国への従属性を自らが証明している。
以下、沖縄タイムス及び毎日新聞の引用。




沖縄タイムス-米でオスプレイ着陸失敗 1人死亡21人けが-2015年5月19日


 【平安名純代・米国特約記者】米ハワイ州オアフ島のベローズ空軍基地で17日午前11時40分(日本時間18日午前6時40分)ごろ、訓練中の米海兵隊の垂直離着陸型輸送機MV22オスプレイが着陸に失敗して炎上、乗員1人が死亡し、21人が病院に搬送された。米軍普天間飛行場に配備されている24機のオスプレイと同機種。事故原因は分かっていない。通常訓練中に発生した今回の事故で、同機の安全性が再び問われ、配備に対する反発がさらに高まるのは必至だ。

 米海兵隊当局によると、事故原因は現在調査中で、搭乗していた22人のうち、1人が死亡、21人が病院に搬送され手当てを受けた。

 海兵隊は公式発表で、「ハードランディング(激しい衝撃を伴う着陸)」と表現したが、ABCテレビなど米主要メディアは「クラッシュ(墜落)」と報じている。

 事故機は、第15海兵遠征部隊(カリフォルニア州キャンプ・ペンデルトン)所属で、米太平洋軍などでの7カ月のローテーション訓練のため、5月10日に同州サンディエゴを出発していた。海兵隊は同訓練の実施前に、周辺住民に上陸作戦の訓練に伴う騒音が増加するなどと伝えていた。

 事故現場はビーチから近く、上空での訓練から墜落するまでを目撃した住民らが地元メディアに証言している。

 ハワイの地元紙ハワイニュースは、複数の目撃者らの証言として、事故直前に海岸近くの上空でオスプレイ3機が低空飛行し、2機は上昇したものの1機の姿が確認できず、数秒後に黒煙が上がるのが確認されたと報じている。

 ハワイの地元紙「ホノルル・アドバタイザー」によると、海兵隊太平洋軍は、日本やフィリピンなどアジア太平洋地域の23カ国の軍関係者を招き、訓練などを公開する大規模なシンポジウムを同日から21日までハワイで開催。ハワイに同機が初めて飛来したのは約2年前。

 同紙はカネオヘベイ基地には、2015米会計年度から16年度内に計24機が配備される予定と伝えている。


毎日新聞-オスプレイ事故:「やはり」「ぞっと鳥肌」住民不安-2015年05月18日


 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)には事故機と同じMV22オスプレイが24機ある。滑走路の延長線上に住む上大謝名(うえおおじゃな)自治会の大城ちえ子会長(61)は、事故の一報を聞いて「ぞっと鳥肌が立った」。「同じオスプレイが自宅の真上を日常的に飛んでいる。常に『もしかしたら墜落するんじゃないか』という不安があり、事故で改めて恐怖を感じた」と語った。

 米空軍嘉手納基地を抱える沖縄県嘉手納町の福地勉町議(65)は「上空を飛ぶオスプレイを毎日のように見ているが『やはり』という思い。危険性が証明された」と憤り「配備は沖縄だけでなく全国に広がっており、本土の人にも危険性を分かってほしい」。

 日米両政府は2012年10月の普天間飛行場へのオスプレイの配備にあたり、「人口密集地上空をできる限り飛ばない」、「午後10時以降は必要最小限度に制限」などのルールを決めた。だが、県基地対策課によると、13年10〜11月の2カ月間で457件のオスプレイの飛行情報が寄せられ、うち約7割の336件がルール違反とみられるという。

 翁長雄志(おなが・たけし)知事は墜落事故を受けた18日の記者会見で「このような環境でのオスプレイの配備は県民からすると到底納得できない」と強い口調で指摘。県幹部は「危険性に対する不安が払拭(ふっしょく)できていない中で起きた事故。きちんと対応してほしい」と強調した。

 一方、普天間飛行場のある宜野湾市の佐喜真淳(さきま・あつし)市長は「事故は誠に遺憾。原因究明を早急に行い、今後の運用に一層の安全対策を講じるよう日米両政府に強く求める」とのコメントを出した。

 防衛省が配備を計画する佐賀空港(佐賀市)の周辺にも不安は広がる。

 「昨年11月の住民説明会で防衛省は『安全性は大丈夫』と説明していたが心配だ」。空港に近い同市西川副校区で自治会役員を務める田中信さん(74)は危機感を募らせた。「地区沖合の有明海の海上ではノリの養殖も行われている。騒音も問題だが、事故が一番恐ろしい」と話す。

 何度もオスプレイが飛来している米軍岩国基地(山口県岩国市)。飛行差し止めなどを求めている「岩国爆音訴訟」の津田利明原告団長(68)は「改めて危険性が示された事故。岩国から、本土各地に張り巡らされたルートで低空飛行の訓練をしている。公園や学校などに落ちたらと思うとぞっとする。首都圏のど真ん中の横田に配備するなど論外だ」と述べた。

 その横田基地のある東京都立川市で働く熊田真弓さん(40)は「安全と思えず横田でも事故が起きないかと心配だ」と話した。【佐藤敬一、岩崎邦宏、賀川智子】


沖縄タイムス-オスプレイ事故:中谷氏、飛行停止求めず-2015年5月19日


 【東京】菅義偉官房長官は18日の会見で、事故を起こした新型輸送機MV22オスプレイについて、オスプレイの飛行実績に触れ、「安全だと考えている」と述べ、安全性には問題がないとの認識を示した。事故を受け、米側が「迅速で透明性を持って対応する」と伝えてきたことも明らかにした。

 政府は同日、米側に事故原因の究明と関連情報の速やかな提供を求めた。

 中谷元・防衛相は同日の臨時会見で、翁長雄志知事が原因究明までのオスプレイの飛行停止に言及したことについて、「第一には米側が当事者であり、乗務員などの安全については米側が判断すべきだ」と述べ、政府として飛行停止などは求めない考えを示した。

 また陸上自衛隊が導入するMV22の佐賀空港への配備計画については「より丁寧に(地元へ)説明していきたい」と述べ、計画に影響はないとの見方を示した。同日会談した在日米軍兼第5空軍のアンジェレラ司令官が「分かり次第情報提供し、安全な運用に心掛けていきたい」と伝えてきたことも明らかにした。


by asyagi-df-2014 | 2015-05-20 06:03 | 米軍再編 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧