沖縄から-辺野古反対市民のテント撤去要求される。

 沖縄タイムスは、2015年2月19日、米軍キャンプ・シュワブゲートに設置された抗議のためのテントについて、「沖縄総合事務局北部国道事務所の大城純一副所長らが19日正午すぎ、名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らが、抗議の座り込みを行っている米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れ、2月26日までに市民らが設置したテントを撤去するよう求めた。」と、テント撤去要求について報じた。
 また、あわせて、「法令に基づいて適切に対応するのは当然だ」とする菅義偉官房長官は20日の記者会見での発言も報じた。

 辺野古新基地建設の状況が、政府側の強硬姿勢の中で、非常に悪化している。

 以下、沖縄タイムスの引用。






沖縄タイムス- 辺野古反対市民のテント撤去要求 北部国道事務所-2015年2月19日

 【名護】沖縄総合事務局北部国道事務所の大城純一副所長らが19日正午すぎ、名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らが、抗議の座り込みを行っている米軍キャンプ・シュワブゲート前を訪れ、2月26日までに市民らが設置したテントを撤去するよう求めた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「市民としてギリギリの抵抗をしているだけ。国の違法行為の方が重大だ」と答え、当面は撤去しない考えを伝えた。

 同ゲート前では、市民らが昨年7月から座り込みを開始し、ことし1月15日から24時間態勢となった。同事務所はこれまで口頭で注意をしていたが、文書を持参しての注意は初めて。

 大城副所長は「再三、口頭で注意してきた。地域から苦情も出ており、道路管理者として指導の一環として来た」と説明。山城議長は「人が通れるよう通路もあけており、夜中に大騒ぎするわけでもない。最大限配慮しながらの抗議だ」と説明。大城副所長は「今後も引き続き、関連法にのっとって適切な指導をしていく」と話した。 


沖縄タイムス-反対派テント撤去「当然」 辺野古移設で官房長官-2015年2月20日

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、沖縄総合事務局北部国道事務所が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり反対派が設置したテントなどの撤去を求めたことに関し「法令に基づいて適切に対応するのは当然だ」と説明した。

 菅氏は「国道上に許可なくテントなどが設置され、一部が米軍施設の区域を侵害している」と指摘。26日の期限までに応じない場合の強制撤去については「警告を行っているので、様子を見たい」と述べるにとどめた。(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2015-02-20 17:24 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧