沖縄から-映画「標的の村」横浜市教委が後援中止

 沖縄タイムスは、2015年2月13日、「米軍新型輸送機オスプレイに反対する沖縄県民を取り上げたドキュメンタリー映画『標的の村』の上映会への後援を、横浜市教育委員会が昨年11月にいったん決めながら『おかしい』との市民の問い合わせを受けて今月、取りやめたことが市教委への取材で13日、分かった。と伝えた。
 「配給会社『東風』(東京)の木下繁貴代表は『事実を描いた作品。中立という言葉で後援をやめるのはおかしい』としている。」との批判がまさに当てはまる。
 
 以下、沖縄タイムスの引用。


沖縄タイムス-映画「標的の村」横浜市教委が後援中止-2015年2月13日


 米軍新型輸送機オスプレイに反対する沖縄県民を取り上げたドキュメンタリー映画「標的の村」の上映会への後援を、横浜市教育委員会が昨年11月にいったん決めながら「おかしい」との市民の問い合わせを受けて今月、取りやめたことが市教委への取材で13日、分かった。

 市内で上映会を企画する「横浜キネマ俱楽部」が主催し28日に上映予定。市教委生涯学習文化財課は映画を見ていないとした上で「申請書類から映画の内容を判断できなかった。教育委員会の中立性が損なわれると考え取りやめた」としている。

 映画は沖縄県東村でオスプレイ離着陸帯(ヘリパッド)建設に反対する住民の動きを撮った、三上智恵監督、琉球朝日放送制作の作品。配給会社「東風」(東京)の木下繁貴代表は「事実を描いた作品。中立という言葉で後援をやめるのはおかしい」としている。(共同通信)


by asyagi-df-2014 | 2015-02-15 18:09 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧