ヘイトクライム-鳥取県議会でヘイトスピーチの法規制を求める意見書案を全会一致で採択。

このことについて、朝日新聞は2014年12月20日、「県議会(33人)は19日、本会議を開き、ヘイトスピーチの法規制を求める意見書案を全会一致で採択した。自民党、会派『絆』、公明党の3会派23人による議員提案で、衆参両院議長と首相、法相に提出する。」と、報じた。
 同趣旨の陳情は、在日本大韓民国民団県地方本部(薛幸夫団長)から県議会に提出され
たもので、19日の採択を傍聴していた薛団長の「全会一致の可決はありがたい。県議会の道義心と見識を示したもので、県民として誇りに思う」とも報じられている。

 以下、朝日新聞の引用。






朝日新聞-ヘイトスピーチの法規制求める意見書可決 県議会-2014年12月20日

 県議会(33人)は19日、本会議を開き、ヘイトスピーチの法規制を求める意見書案を全会一致で採択した。自民党、会派「絆」、公明党の3会派23人による議員提案で、衆参両院議長と首相、法相に提出する。

 意見書案は、ヘイトスピーチを人種差別と認定した最高裁判決などを踏まえ、「ヘイトスピーチを禁止する等の必要な法の整備を行われるよう強く要望する」としている。

 同趣旨の陳情が、在日本大韓民国民団県地方本部(薛幸夫団長)から県議会に提出され、17日の総務教育常任委員会(9人)で審議。委員長を除く8人が賛成して採択されていた。

 この時の審議では、「ヘイトスピーチは重大な人権侵害」(自民党の広谷直樹委員)、「地方自治体が(法規制への取り組みを)積極的に国に対して言っていくべきだ」(会派希望の伊藤美都夫委員)などの意見が出た。

 19日の採択を傍聴していた薛団長は「全会一致の可決はありがたい。県議会の道義心と見識を示したもので、県民として誇りに思う」と話した。

 民団県地方本部は同じ内容の陳情を県内4市議会にも提出している。米子市議会は継続審査、境港市議会は趣旨採択、倉吉市


by asyagi-df-2014 | 2014-12-20 09:12 | 書くことから-ヘイトクライム | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧