沖縄から-三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第17回

 沖縄の地で、体を張って新しい歴史を作ろうとしている人たちがいる。
 そこには、その煌めきの記録を残そうとしているジャーナリストがいる。
だとしたら、その生きざまの瞬間を私たちは受け取る必要がある。
三上知恵の沖縄撮影日記。
 
 
 今回の報告は、次の怒りの言葉で始まる。

 これが沖縄か!
 これが沖縄か!
 これが沖縄なのか!

 ここでは、じっくりこの報告を読み込んでください。

 以下、三上知恵の沖縄撮影日記の引用。







三上智恵の沖縄〈辺野古・高江〉撮影日記第17回

知事選後2日で潰された民意~おばあの怪我で怒り頂点に~


 これが沖縄か!
 これが沖縄か!
 これが沖縄なのか!

 辺野古に向けてハンドルを切りながら私は叫んだ。20日昼前、島袋文子おばあ(84)が機動隊と衝突して転倒、救急車で運ばれたと連絡が入った。なんという事を。彼女を守れなかったことが悔しくてフロントガラスが霞む。なぜこうなるんだ、知事選に勝ったのに!

 基地反対の民意をはっきりと示したはずの県知事選挙、そのわずか2日後の18日夜中、埋め立て用資材が大量にキャンプシュワブに搬入された。海の方では浮桟橋が再び姿を現し、海保のゴムボートや船も30隻を超え、あっという間に2か月前と同じ臨戦体制に戻ってしまった。19日、ゲート前では知事選勝利の空気は吹っ飛んでいた。新知事就任前の駆け込み工事をさせまいとトラックを止めようとする市民と機動隊のにらみ合いが続いた。

 この日、文子さんはリハビリで週に一度のお休みだったので、私は夕方彼女の家を訪ねて緊迫したゲート前の1日を報告した。
 「なぜ私のいない日に!」とおばあは悔しがり、「基地は嫌だと、私たちは翁長さんを選んだんだ。こちらが正しいのであって、トラックを入れさせてはいけない。」ときっぱり言った。かっこいいねえ、おばあ! という私に向かって文子さんは
 「私に指一本触れてごらん。ただじゃおかないよ」とすごんで見せてから、「おばあが役に立てるのはこれしかないからね」と笑った。そして二人で辺野古の古いレストランに行き、ラーメンを食べて帰った。

 前日にかっこいいねえ、とおばあを焚きつけるようなことを言った自分の言動を何度も何度も思い出しては唇をかんだ。あんなことさえ言わなければ。おばあにもしものことがあったら。半泣きのままカメラを回しながら、現場についてみた光景は、これまでになく荒れていた。

 何人もが泣きながら沖縄県警に抗議していた。リーダーの山城博治さんが涙を拭きながら絶叫しているのも初めて見た。今回の私の映像で、沖縄の島言葉で誰彼かまわず喰ってかかる博治さんをみて「常軌を逸した攻撃」と非難する人もいるだろう。これが基地反対運動か。チンピラと一緒だと引いてしまうかもしれない。でも、これだけは言える。あの場にいた人間は全員、よくも大事な大事なうちのおばあを傷つけたな! と機動隊に掴み掛り、胸の一つも殴ってやりたい衝動に駆られていた。みんながそれをやったらそれこそ暴力団になってしまう。この日集まった50人は、博治さんが「お前だってウチナーンチュだろう! お前の家だって家族だってわかるんだ、みんな親戚みたいなもんなんだ。なのに任務だからってひどいことをやり逃げするのか? お前の家族はそれを許すのか? おばあを傷つけて、涼しい顔でこの島で生きていけると思うのかクソッタレ!」と叫びまわるのを聞きながら、歯を食いしばって座り込んでいた。博治さんがみんなを代表して怒り狂ってくれなければ、あの場はもう、どうなっていたかわからない。文子おばあの仇!  と全員破れかぶれで突っ込んで行きたいのを、いつもの歌や冗談でなんとか保っている。そういうギリギリの状況にある現場の様子を伝えたくて、リスクも承知でこのサイトにアップしている。本当は心を痛めているに違いない警察官の表情も、悲しみと矛盾の群像としてみて欲しい。この文章と切り離し、基地反対運動批判のために映像を悪用することだけはお願いだからやめて欲しい。マガ9読者を信頼して掲載させていただく。

 幸い、島袋文子さんはその日の夕方自宅に戻ることができた。本人の話によると、朝9時半ごろ現場に行ってまもなく、トラックを止めようと前に回ると機動隊員に両脇を掴まれ引っ張られたのでバックミラーの部分を必死でつかんでいたら、その手の指を一つ一つ警官に剥がされ、後ろに転倒した。両脇にいた機動隊員はなぜかいなかったという。一瞬意識がなくなり、数時間も震えが止まらず、レントゲンやCTスキャンを撮った。自宅に帰ってからも首と肩の痛みを訴えていた。後頭部には大きなこぶもできていた。痛々しかったが、話ができるまでになっていることを神さまに感謝した。駆けつけた家族とも話し合い、しばらくは座り込みはお休みすることになった。

 映像にあるように、文子さんが怪我をした19日と20日の攻防は激しく、それまでは排除が始まると警察官に体を触られるのを嫌がって列を離れる女性もいたが、この日はだれも自分から立ち上がらなかった。最後の一人までアスファルトの上に身を投げ出していた。
 急転直下、修羅場になったゲート前の様子をネットで見て駆けつけてくれた人も多く、早朝から集合がかかった21日にはこれまで見たこともない人たちが大勢駆けつけ、テントは300人規模に膨れ上がった。その勢いでゲート前の「殺人鉄板」を占拠して座り込んだ結果、海では海保が撤退をはじめ、現知事の任期中に追加工事を進めるのは不可能という展開になった。衆院解散もあり、こんな騒ぎの中で選挙は戦えないという政治判断もあっただろう。しかし「だれが知事になっても基地建設は粛々と進める」とうそぶく政府のパフォーマンスは、押し返すことができた。土曜の夕方、ゲート前では安堵と歓喜のラインダンスもとびだした。文子おばあの空席を囲みながら、怒りの4日間はこうして幕引きとなった。

 叩けば叩くほど、強くなっていく。一人を押し倒すと3人が起き上がってくる。これは昨日や今日始まった悔しさではないのだ。沖縄戦から70年の困難の中で、新しい知事を選んだこの局面が歴史にどう刻まれるのかという問題だ。私たちは転換期に直面している。

 沖縄民謡の「敗戦数え歌」の歌詞にこんな一節がある。

 九つ 困難あたてぃから
 ありくり むぬう物思みさんぐとぅに
 解放さりゆる しち節待たな  

 (訳 敗戦・占領という困難に当たっても、
 あれこれ思い悩まず解放される時期を待ちましょう)

 解放される時、その「節(しち)」を沖縄県民は充分に待った。いつまでも「敗戦数え歌」を唄っているわけにはいかないのだ。これからこの島の主役になっていく、子や孫のためにも。


by asyagi-df-2014 | 2014-11-27 05:43 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧