原発問題-川内原発の再稼働、鹿児島県知事が同意の意向表明

川内原発の再稼働について、鹿児島県知事は同意の意向を表明した。
 このことについて、朝日新聞は、2014年11月7日、「伊藤知事は『諸般の状況を総合的に勘案し、川内原発の再稼働についてやむを得ないと判断する』と述べた。」と、報じた。

 以下、朝日新聞の引用。


朝日新聞-川内原発の再稼働、鹿児島県知事が同意の意向表明-2014年11月7日


 九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働について、伊藤祐一郎知事が7日午後、再稼働への同意の意向を表明した。会見で伊藤知事は「諸般の状況を総合的に勘案し、川内原発の再稼働についてやむを得ないと判断する」と述べた。

川内原発
 これに先立ち鹿児島県議会(定数51)も、同日開かれた臨時会の本会議で、再稼働推進を求める陳情を賛成多数で可決、採択した。

 原発が立地する薩摩川内市の市長と市議会は先月末、再稼働に同意しており、伊藤知事が必要だとしている地元同意の手続きは完了したことになる。


by asyagi-df-2014 | 2014-11-07 18:17 | 書くことから-原発 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧