沖縄から-沖縄県知事選告示、日本の政治のこれから

任期満了に伴う第12回沖縄県知事選挙が10月30日告示された。
 沖縄タイムスは、同日、「軍普天間飛行場返還問題や振興政策を主な争点に、11月16日の投開票までの県内最大の政治決戦が幕を開けた。」と、報じた。
 また、「元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)の新人3氏、現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦=がいずれも無所属で立候補を届け出た。」とも報じた。

いよいよ、これからの日本のあり方を問うかたちにもなる県知事選挙が始まった。

 以下、沖縄タイム誌の引用。


沖縄タイムス-沖縄県知事選告示 4氏が届け出-2014年10月30日

 任期満了に伴う第12回県知事選挙が30日告示され、元郵政民営化担当相の下地幹郎氏(53)、元参院議員の喜納昌吉氏(66)、前那覇市長の翁長雄志氏(64)の新人3氏、現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦=がいずれも無所属で立候補を届け出た。米軍普天間飛行場返還問題や振興政策を主な争点に、11月16日の投開票までの県内最大の政治決戦が幕を開けた。

 普天間の辺野古移設は下地氏が県民投票実施、喜納氏が埋め立て承認の取り消し、翁長氏が反対、仲井真氏が容認―を掲げている。


by asyagi-df-2014 | 2014-10-30 17:28 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧