ブラックバイト問題を考える

 最近、テレビ報道での「ブラックバイト」の報道に驚かされている。
 「過労死の問題は実は若い人たちの問題になっている」と、この残業代ゼロ問題の中で、気づかされてきた。当然、ブラック企業問題はブラックバイト問題に繋にがるわけで、自分の迂闊さを改めて感じている。
 早速、検索してみると、毎日新聞は、2013年8月8日に「.ブラックバイト横行。正社員減り、学生悲鳴。契約無視でシフト。試験前も休めず」と報じていた。
以下、毎日新聞引用。

 アルバイトをする大学生の間で、「契約や希望を無視してシフトを組まれる」「試験前も休ませてくれない」などの悩みが広がっている。学生たちの声を集めた大内裕和・中京大教授(教育学)は、違法な長時間労働などをさせる「ブラック企業」になぞらえ、「ブラックバイト」と呼び、問題視している。企業が非正規雇用の志向を強める中、正社員の業務をアルバイトに肩代わりさせる「基幹化」が進んでいるようだ。【長沢英次】

 大内教授は6〜7月、中京大の学生約500人を対象にアルバイトに関する経験や意見について調査した。大内教授はその記述=表参照=から、学生のアルバイトが、かつての「遊びや欲しいものを買うための小遣い稼ぎ」というイメージから様変わりしていることを実感した。

 厳しいノルマを課されたり、クレーム対応やアルバイトの募集、新人育成などの重要な仕事をさせられた例もあるという。大内教授は「企業では派遣や契約社員などの非正規労働の『基幹化』が進み、学生アルバイトに求められる仕事の水準が上がっている」とみる。

 それでも、一部の学生は、厳しい条件のアルバイトを「やめるにやめられない」ため、追い詰められる。

 昨年の全国大学生協連の学生生活実態調査によると、下宿生の仕送り額の平均は月6万9610円と、6年連続で減った。一方、アルバイト収入は増え、依存度が高まっている。大内教授によると、フリーターの増加で競争が激化し、やめると次のバイトを見つけにくい。ブラック企業で見られるような「勤務先がやめさせてくれない」ケースもあるという。また、学生にとっては、就職活動の交通費をためておく必要があり、大きな負担になっているという。

 大内教授は「学生は労働法の知識が不十分で、違法な働き方をさせられても泣き寝入りしてしまう。学生アルバイトの現場が無法地帯化している恐れがある」と指摘する。さらに「上の世代からは、バブル崩壊前の『バイトは気楽』『嫌ならやめればいい』という見方をされがち。今の学生アルバイトの厳しい現実が理解されにくい」と訴える。
==============
 <学生たちの声>
・アパレル店で働いた。全員バイト。給料は低く、重労働。人手が足りず、テスト前も休めない。年末年始は1日12時間働いた
・契約を無視してシフトを組まれて困っている。テスト週間にシフトを減らしてほしいと頼んでも断られる。バイトやパートに頼り過ぎだ
・知り合いは「あなたがいないと店はだめになる」と言われ、テストを休んでバイトに行くようになり、大学を中退した
・スーパーのレジ。週4日契約なのに5〜6日はシフトを入れられる。バイトやパートが多いと、就職する時、正社員になれるか不安になる


 このブラックバイトについて、弁護士ドットコム2014年04月7日の記事を以下引用。


労働問題にくわしい井上幸夫弁護士に聞いた。

●「ブラックアルバイト」の4類型とは?
典型的なブラックバイトを見抜くためのチェックポイントとして、井上弁護士があげるのは、次の4点だ。
(1)労働時間に見合った給与を支払わない
「仕事前の朝礼・掃除や仕事後の後片付けなども、労働時間に含まれます。給与はすべての労働時間について、支払わなければなりません。残業代不払いは、労働基準法37条違反になります」
(2)仕事のミスに罰金(賃金カット)を課す
「店の物を壊したなど、仕事上のミスに違約金を課すのは、労働基準法16条違反になります」
(3)上司が怒鳴ったり暴力をふるう
「大声で怒鳴ったり、脅かしたりする行為はパワハラで、『民法上の不法行為』になります。暴力も論外で、殴ったりするのは暴行罪(刑法208条)という立派な『犯罪』です」
(4)長時間働かせる
「最初の契約に反して、授業や試験に支障が出るような働かせ方やシフトを命じることは、契約違反となります。また、心身の健康を害するような異常な長時間労働は労働基準法違反になり、そのような指示に従う義務はありません」
(1)~(4)のどれかに該当すれば、それは「ブラックバイト」だと考えて良いという。

 また、次の記述がある。

運悪く、こうしたバイトに当たってしまったら、どうすればいいのだろうか。
「方法は、いくつもあります。
残業代不払いや罰金などの労働基準法違反は、これを取り締まる労働基準監督署に申告すれば、アルバイト先に指導が入ります。最初は相談という形で、労基署にアプローチしてみるのもいいでしょう。
また、1人でも入れるユニオン(労働組合)に加入すれば、ユニオンとして職場の労働条件改善を申し入れることができます。最近は首都圏学生ユニオンというのもありますね。
どういった方法がいいか、親や友人に相談して、アドバイスやサポートを受けるのもいいでしょう」
●契約違反があったときは、すぐに辞めてよい
「それから、『ブラックアルバイト』はすぐに辞めることができます。
たとえ契約期間の途中でも、説明された労働条件が実際と違う場合には、バイト側から即時に契約解除(辞職)ができます(労働基準法15条2項)。
また、会社に労働基準法違反があったときも、同じくバイト側から直ちにやむを得ない事由による契約解除(辞職)ができます(民法628条)。
自らが契約違反や労基法違反をしているにもかかわらず、辞めるなら違約金を払えなどと言って辞めさせてくれないアルバイト先は、『ブラックアルバイト』そのものです。そんな相手には『今日で辞めます』の一言でいいでしょう」
バイト先をそんな形で辞めれば、働いた分の給与を支払ってもらえるかも心配だが・・・。井上弁護士は「辞めてから労働基準監督署に行って、残業代を支払わせることもできますよ」と話していた。


by asyagi-df-2014 | 2014-07-14 05:35 | 書くことから-労働 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧