嘘のようで本当の鯛


嘘のようで本当の鯛

こんなメールが届きました。画像付きで。
「鯛は74cmありました。二日かけて食べました。(注;ここは絵文字))」

f0345938_20085795.jpg
嘘のようで本当の話。こんな光景だったのかもしれません。


中年というよりは、初老という風情の二人、もはやぎらぎらしたものからは逃れ、楽しみのためにと、互いに頷き合いながら、瀬渡し船のM丸に、身を任せる。
 そうだ、今日もこれでいいのだと。釣れたら釣れた時の時間そのものに身をゆだねようと。
 M丸は、大分県は鶴見のとある岩場に二人を下ろす。「それじゃあねっ」と船長は気をつかわせない配慮をそっと残していく。
時は、午後3時。二人は、がまかつとダイワの竿に、ちょっと高価なレバーブレーキのリールを時間をかけて用意する。
  明日の朝までには余るぐらいの時間が待っている。6月の太陽は、すでに真夏であり、体力を実直に奪って行くに違いない。
 今日はこれまでの実釣の続きでいいのだと、竿を出す。
 そうだったのです。ここまでは、いつも通りだったのです。


 「おいあれ見ろや。魚やぞ。鯛じゃねーか」と相棒。
 右流れの潮に乗って確かに魚が浮いて流れている。本当に鯛だ。
ここまでは、もしかしたら万が一にはあることかもしれない。
 互いに、思わず自分の立ち位置を確認してしまう。
 「おい。生きてるぞ」
「うん。生きちょるなあ」

 嘘のようで本当の話の始まり。
 潮は、右流れから、どうしてか、磯に当たる潮に変わっている。
 鯛は流れに正直にその体を任せている。
 二人は、目を合わせ、これまでの人生経験の中でのお互いの立ち位置と、潮の流れの中の鯛の位置を瞬時に、スクロールして計算して見せた。
 鯛は、見事に足下で、たゆたっている。
 意を決した後輩の方の男は、5Mのタモで見事に一発ですくってみせた。70cmを超える鯛を。
 笑顔は、何故か忘れていた。ただ黙って、血抜きをした。
 次の日の迎えの船の中でも、パカパカとクーラを開ける音は、一度もさせなかった。
 どうしてか、秘密の臭いがした。
 嘘のようで本当の鯛の話。食べて美味しかった鯛の話。


by asyagi-df-2014 | 2014-06-19 05:50 | 新たな経験 | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧