沖縄の現実-20140611


沖縄の現実-20140611


 西原町で12日不発弾処理、自動車道通行止め。沖縄タイムス2014年6月10日付。
 こうした記事は、飛び抜けてまれというわけではない。
 沖縄戦の実相、沖縄の今を知る必要がある。


 【西原】西原町森川で12日午前11時から、米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業がある。作業に伴い、沖縄自動車道で一時、西原IC(インターチェンジ)―北中城IC間の上下線が通行止め、喜舎場スマートICと中城バス停、中城サービスエリアが閉鎖される。不発弾処理による自動車道本線の通行止めは1999年以降7回目。

 避難半径は106メートルで、避難対象は9世帯18人と3事業所。午前10時45分に交通規制が始まり、正午に終了予定。現地対策本部は森川自治会事務所に置く。

 沖縄自動車道は、中城サービスエリアと中城バス停が午前10時15分から正午、西原IC―北中城IC間と喜舎場スマートICが午前10時45分から正午まで通行止めになる。喜舎場バス停は避難区域外だが、周辺ICが通行止めとなるため、各バス会社の判断で迂回する可能性があるという。


by asyagi-df-2014 | 2014-06-11 18:00 | 沖縄から | Comments(0)

壊される前に考えること。そして、新しい地平へ。「交流地帯」からの再出発。


by あしゃぎの人
画像一覧